第3話
「でもへんでくでせ」
江尻武一、猪俣ババヤロ豊、牛窓喜晴が入部し、水球の規定人数である7名まであと一人。みなとたちは中学時代に競泳選手として活躍していた網浜秀吾を誘うが、頑なに断られてしまう。それでも粘る彼らに、網浜はある条件を提案する。
予告動画